農業界地図ロゴ

2017年06月14日

【6/17(土)開催】やまぐち移住就農セミナー

*やまぐち移住就農セミナー様よりお知らせです*

============================================
山口県は新しく農業を始めたいという方を全力で支援します!
【やまぐち移住就農セミナー】
============================================

山口県では、東京都内での就農相談会をほぼ毎月開催しています。
第2回目(6/17)は、表参道のフレンチレストラン「アンカフェ」で、
山口県産食材を使った料理を試食しながらのセミナー相談会を開催します。
就農希望者はもちろん、農村の情報を得たい方も、お気軽にご参加ください!

170614_山口県就農セミナー.jpg

【日時】
 平成29年6月17日(土)12:00〜16:00 (受付11:30〜)

【会場】
 un cafe(アンカフェ)
 (住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア)
 (アクセス:地下鉄 表参道駅 B2出口 徒歩5分)
  
【スケジュール】
--------------------------------
(受 付) 11:30〜
--------------------------------
(第一部) 12:00〜12:30 セミナー
◆ 山口県の就農支援策の紹介
◆ 先輩就農者による体験談 講師:藤川氏
 〜防府市で新規就農し、“葉物野菜”を栽培〜
 ※セミナーでは、山口県産の食材を試食できます!!

<自営就農者:藤川 守氏(50)>
小松菜、春菊に特化して生産しており、小松菜は周年、春菊は10月〜3月に栽培しています。
夏場にはハウスでトマト、枝豆、スイートコーン等を少量栽培し、直売所へ出荷しています。
--------------------------------
(第二部) 12:30〜16:00 個別相談会
◆ 先輩就農者との座談会
◆ 出展団体との個別相談(ブース形式)
  ※個別相談会は事前予約された方を優先させていただきます。
--------------------------------

【詳細・お申込み】
http://www.agreen.jp/shuno-yamaguchi/

170614_山口県就農セミナー2.jpg




*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。



posted by 農業界地図 at 11:38| Comment(0) | 時事ニュース

【梅シロップづくり】参加者募集!

*都市農村交流企画つなぐるる様主催イベントのお知らせです*

============================================
【梅シロップづくり】 参加者募集!
〜築150年の古民家で、梅シロップづくりを収穫から体験しませんか?〜
============================================

日本の農村では、代々、自分の家の梅の木を守り、梅干しなどを作っていました。
しかし、過疎化が進む集落では、持ち主がいなくなった木や、高齢化により管理しきれず放置される梅の木が、多くあります。
それらを引き継ぎ、守って管理し、資源化するための一歩として、「梅シロップづくり体験」のイベントを企画しました!

添加物一切なし!自然の素材だけを使って、シンプルで味わい深く身体にも心にも優しい、
手作り梅シロップを、ぜひ一緒に作りませんか?

170614_tunagu (2).JPG

【日程】
2017 年 6 月 24 日(土)13:00〜16:30頃
※雨天決行。荒天の場合は、翌日順延。

【定員】
6 名程度

【年齢】
18 歳〜35歳くらいまで
※若い世代に日本の農村文化を知るきっかけ創出のため、年齢を制限させて頂いております。

【体験料(※税込)】
学生:3,500円
大人:4,000円

<体験料に含まれるもの>
無農薬の梅および材料、保存瓶、ティータイム(お茶、1年熟成梅シロップ、オリジナルスイーツ)
※瓶は、使用後も、果実酒やシロップ作り、麦茶用のボトルとして使用可
※事前のお振込みをお願いいたします。

【プログラムの流れ】
自己紹介&概要説明→農村歩き→収穫→シロップ作り
(作業工程の間に、ティータイム&おしゃべり。田舎暮らしのこと、なんでも聞いて下さい♪)

【集合場所】
<電車・高速バスの方>長野駅 12:00 
<車の方>道の駅 中条 12:35

【その他】
現地では、梅の収穫から仕込みまでを行います。ご自宅で簡単なお世話をし、変化を楽しみながら、完成となります。
(ただし、梅の生育状況や天候不順等により、当日の収穫が難しい場合には、直前に当方にて収穫したものを使用する可能性もあります)
その他詳細は、HPをご参照下さい♪

【申込み】
詳細・お問合せ・お申込みは、「つなぐるる」のHPからお気軽に!
http://community.gururu.jp/

170614_tunagu (1).JPG




*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。


posted by 農業界地図 at 10:59| Comment(0) | 時事ニュース

2017年05月10日

【棚田を守ろうプロジェクトin信州中条】 田植え参加者募集!

*都市農村交流企画つなぐるる様主催イベントのお知らせです*
--------------------------------------------------------------

【棚田を守ろうプロジェクトin信州中条】
 少子高齢化の進む農村では、耕す人がいなくなり、荒れた耕作放棄地が多くあります。昨年、30年使われておらず、自然に帰してしまっていた棚田を開墾し、復活させました。田んぼに戻って2年目の春。農薬不使用のため、自然の微生物たちが、栄養豊富なよい土を作ってくれています。
 今年は、耕す人がいなくなった集落の棚田もあらたに引き継ぐことになり、田んぼの面積が増えてしまったため、移住者夫婦だけでは、人手が足りません。日本の原風景を、楽しく美味しく、共に守る仲間を募集しています!

IMG_5300_2.jpg

● 日程

★ 5/20(土)
30年間耕す人がおらず、自然に帰していた場所を昨年開墾した棚田。山の斜面に、昔ながらの小さな田んぼが連なる、山奥の秘境。傾斜あり。
[品種;ミルキークイーン]

★ 5/27(土)
広い空の下、沢を流れる水の音の響く、集落の中にある棚田。車で行くことができ、トイレも比較的近いので、体力に自信の無い方でも安心して田植えが楽しめます。
※小さなお子様とご一緒の方は、こちらをお勧めします。
[品種;風さやか]

【スケジュール】
8:30 長野駅東口集合(電車やバスで来る方)
9:30 道の駅中条集合(車で来る方)
10:00 着替え、自己紹介、説明
10:30 田植え開始
12:00 昼食
13:30 田植え
15:00 休憩
15:30 田植え
17:00 終了

● 定員
各日程、6名程度

● 対象
18〜35歳くらいまで
※若い世代に農村文化を知ってもらうため、年齢を制限させていただいております。
※親子、グループでのご参加も大歓迎です!

● 参加費(昼食付、お米2kg、保険代込)※送料別
大人;3,000円
子ども;1,500円
未就学児;無料

備考;交通費は各自ご負担下さい。

● 場所
長野県長野市中条地区、虫倉山の麓

● お申込み方法
団体HPより
http://community.gururu.jp/taue-form

● 団体HP(イベントページ)
http://community.gururu.jp/taue

● お問合せ先
info@gururu.jp


〜今後の流れ〜

【7月上旬】 田んぼの草取り、畔の草刈り+季節のお楽しみイベント
農薬も除草剤も使わないため、自然に雑草が生え、稲の生育を妨げてしまうため、稲が健やかに育つための作業を行います。

IMG_5301_2.jpg

【9月下旬〜10月初旬】稲刈り、はぜがけ
収穫した稲は、「はぜ掛け」という昔ながらの方法で、田んぼにて天日干しし、太陽の力で乾燥させながら、旨みを引き出します。

FullSizeRender_2.jpg

【10月下旬】
精米したての、新米をお届けします。香り、旨み、甘み・・・自然の力で育ったお米は格別です!

------
団体HPのお知らせページより、イベント詳細をご案内しております。
お問い合わせは、「お問合せ先」の団体アドレスよりご連絡下さい。

お気軽にお問合せ下さい!
どしどしご応募お待ちしております!



*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。

posted by 農業界地図 at 10:24| Comment(0) | 時事ニュース

2017年03月17日

ファームノートサミット 2017 Tokyo

*ファームノート様主催イベントのお知らせです*

=====================================
■ ファームノートサミット 2017 Tokyo ■
http://farmnote.jp/events/summit2017.html
=====================================
農業は進化する。
スマートアグリをはじめ話題のベンチャーが集う
北海道発の農業カンファレンスが東京初開催!
----------------------------------------------------

【日時】 2017年3月27日(月) 13:00〜18:30(12:00 開場)
【場所】 大崎ブライトコアホール
     (東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア 3F)

【定 員】 300名
【参加費】 無料・完全予約制

【対 象】農業に関わる全ての方々、
      人工知能、IoT、リアルテック分野での技術革新に取り組んでいる方々。
      これから農業やアグリテック分野で活躍していこうと思っている学生の方々。

【講演内容】
 ・Make Innovation of Agriculture. 〜ファームノートの新たな価値創造〜
 ・伝統から革新へ。農業を変える経営者のビジョン
 ・産業を革新するイノベーションテックリーダーの挑戦
 ・新しい市場を創造する、アグリベンチャー戦略
 ・アグリテックが熱い! 注目ベンチャー大集合

【主催】 株式会社ファームノート、株式会社スカイアーク

-----------------------------------------------------
 ■ 登壇者も豪華! 詳細・お申込みは下記より ■
 http://farmnote.jp/events/summit2017.html

 170327開催ファームノートサミット2017.jpg




*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。


posted by 農業界地図 at 17:23| Comment(0) | 時事ニュース

2017年03月07日

『農業女子PJアワード2016』開催!

*農業イベントのお知らせです*

====================================
【農業女子PJアワード2016】
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/award/2016/
====================================

農林水産省が推進する農業女子PJのビッグイベントの1つとして、
「農業女子PJ(プロジェクト)アワード2016」を開催いたします。

アワード当日は、
事前審査を通過したファイナリスト5名の農業女子メンバーが熱いプレゼンが繰り広げ、
審査員・会場投票により最優秀賞「農業女子PJオブ・ザ・イヤー」を決定!

全国で活躍する農業女子の取り組みをぜひご覧ください!

農業女子PJアワード.jpg

<詳細>

日時: 平成29年3月9日(木)14:00 〜 16:00 (13:30 開場)
場所: 丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
参加費: 無料

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● ファイナリスト及び発表テーマ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【@販促プロモーション部門】
垣淵 浩子(かきぶち ひろこ)さん(和歌山県)
タイトル:「ターゲットを絞ってわかりやすく表現」
*顧客ターゲットを明確にした、梅・梅加工品の効果的なPR手法で売上アップ。

【A人材育成部門】
尾池 美和(おいけ みわ)さん(香川県)
タイトル:「目配り・気配り・思いやりの心を持って!」
*農業現場において、女性も働きやすい職場環境づくりや作業効率アップの工夫。

【Bコミュニティ部門】
LINKS代表 内山 佳奈(うちやま かな)さん(北海道)
タイトル:「女性農業者の未来をひらく。北海道女性農業者集団LINKS。」
*地域の垣根を超え、志高い仲間で築き上げた幅広いコミュニティ活動。

【C6次産業化部門】
山領 裕美(やまりょう ひろみ)さん(佐賀県)
タイトル:「フードロスをゼロに」
*規格外品廃棄を減らしたい想いから始まった、玉ねぎドレッシングの製造・販売による6次産業化。

【D知恵・夢部門】
農業女子フェアin香港代表 貫井 香織(ぬくい かおり)さん(埼玉県)
タイトル:「はばたけ、海外へ!! 農業女子フェアin香港 開催!」
*農業女子PJでの出会いやつながりをきっかけに、全国の農業女子仲間で輸出に初挑戦。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆写真付きの紹介は下記よりご覧いただけます。
 https://nougyoujoshi.maff.go.jp/event/e_secretariat/3394/

☆農業女子プロジェクトとは?
 https://nougyoujoshi.maff.go.jp/overview/

<お申込み>
「農業女子PJアワード実行委員会」事務局
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/award/2016/#area_award04



*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。

posted by 農業界地図 at 19:28| Comment(0) | 時事ニュース