農業界地図ロゴ

2017年03月17日

ファームノートサミット 2017 Tokyo

*ファームノート様主催イベントのお知らせです*

=====================================
■ ファームノートサミット 2017 Tokyo ■
http://farmnote.jp/events/summit2017.html
=====================================
農業は進化する。
スマートアグリをはじめ話題のベンチャーが集う
北海道発の農業カンファレンスが東京初開催!
----------------------------------------------------

【日時】 2017年3月27日(月) 13:00〜18:30(12:00 開場)
【場所】 大崎ブライトコアホール
     (東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア 3F)

【定 員】 300名
【参加費】 無料・完全予約制

【対 象】農業に関わる全ての方々、
      人工知能、IoT、リアルテック分野での技術革新に取り組んでいる方々。
      これから農業やアグリテック分野で活躍していこうと思っている学生の方々。

【講演内容】
 ・Make Innovation of Agriculture. 〜ファームノートの新たな価値創造〜
 ・伝統から革新へ。農業を変える経営者のビジョン
 ・産業を革新するイノベーションテックリーダーの挑戦
 ・新しい市場を創造する、アグリベンチャー戦略
 ・アグリテックが熱い! 注目ベンチャー大集合

【主催】 株式会社ファームノート、株式会社スカイアーク

-----------------------------------------------------
 ■ 登壇者も豪華! 詳細・お申込みは下記より ■
 http://farmnote.jp/events/summit2017.html

 170327開催ファームノートサミット2017.jpg




*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。


posted by 農業界地図 at 17:23| Comment(0) | 時事ニュース

2017年03月07日

『農業女子PJアワード2016』開催!

*農業イベントのお知らせです*

====================================
【農業女子PJアワード2016】
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/award/2016/
====================================

農林水産省が推進する農業女子PJのビッグイベントの1つとして、
「農業女子PJ(プロジェクト)アワード2016」を開催いたします。

アワード当日は、
事前審査を通過したファイナリスト5名の農業女子メンバーが熱いプレゼンが繰り広げ、
審査員・会場投票により最優秀賞「農業女子PJオブ・ザ・イヤー」を決定!

全国で活躍する農業女子の取り組みをぜひご覧ください!

農業女子PJアワード.jpg

<詳細>

日時: 平成29年3月9日(木)14:00 〜 16:00 (13:30 開場)
場所: 丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
参加費: 無料

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
● ファイナリスト及び発表テーマ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【@販促プロモーション部門】
垣淵 浩子(かきぶち ひろこ)さん(和歌山県)
タイトル:「ターゲットを絞ってわかりやすく表現」
*顧客ターゲットを明確にした、梅・梅加工品の効果的なPR手法で売上アップ。

【A人材育成部門】
尾池 美和(おいけ みわ)さん(香川県)
タイトル:「目配り・気配り・思いやりの心を持って!」
*農業現場において、女性も働きやすい職場環境づくりや作業効率アップの工夫。

【Bコミュニティ部門】
LINKS代表 内山 佳奈(うちやま かな)さん(北海道)
タイトル:「女性農業者の未来をひらく。北海道女性農業者集団LINKS。」
*地域の垣根を超え、志高い仲間で築き上げた幅広いコミュニティ活動。

【C6次産業化部門】
山領 裕美(やまりょう ひろみ)さん(佐賀県)
タイトル:「フードロスをゼロに」
*規格外品廃棄を減らしたい想いから始まった、玉ねぎドレッシングの製造・販売による6次産業化。

【D知恵・夢部門】
農業女子フェアin香港代表 貫井 香織(ぬくい かおり)さん(埼玉県)
タイトル:「はばたけ、海外へ!! 農業女子フェアin香港 開催!」
*農業女子PJでの出会いやつながりをきっかけに、全国の農業女子仲間で輸出に初挑戦。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆写真付きの紹介は下記よりご覧いただけます。
 https://nougyoujoshi.maff.go.jp/event/e_secretariat/3394/

☆農業女子プロジェクトとは?
 https://nougyoujoshi.maff.go.jp/overview/

<お申込み>
「農業女子PJアワード実行委員会」事務局
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/award/2016/#area_award04



*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。

posted by 農業界地図 at 19:28| Comment(0) | 時事ニュース

2017年02月26日

3/6(月)若者農業サミットA7

*農業イベントのお知らせです*



====================================
【若者農業サミットA7】
https://www.facebook.com/events/1375920999145142/
https://www.facebook.com/A7サミット-209844259454470/
====================================

<日時> 3月6日(月)12:00〜17:30
<場所> 東京大学 弥生講堂セイホクギャラリー

<テーマ> 『若者農業サミットA7〜未来への宣言〜』

<内容>
『若者 × 農業』
10年後の " 農 " を考える。
そのために " 今 " 私たちができること。
10年後、私たちはどうやって " 食 " " 農 " に関わっていくのだろうか。
" 食 " や " 農 " に興味のある方、共に未来を創造しましょう!

<当日の流れ>
-------------------------------
【1】基調講演
 イオンアグリ創造株式会社
 代表取締役社長 福永庸明様
 http://www.aeon.jp/agricreate/

【2】パネルディスカッション
 ●全国農業青年クラブ連絡協議会
  会長 会津宏樹様
  http://www.zenkyo4h.org/
 ●農業ジャーナリスト
  青山浩子様
  https://aoyamawriter.wordpress.com/
 ●半農半X研究所
  代表 塩見直紀様
  http://www.towanoe.jp/xseed/
 ●株式会社サラダボウル
  代表取締役社長 田中進様
  http://www.salad-bowl.jp/
 ●イオンアグリ創造株式会社
  代表取締役社長 福永庸明様
  http://www.aeon.jp/agricreate/
 ●株式会社ビストロくるるん
  代表取締役 藤富士子様
  http://www.asubaru.or.jp/role_models/detail/295

【3】分科会
 5〜6つの班に分かれて、
 参加者(学生・社会人)+パネラーにて語り合う。

【4】サミット宣言
 分科会で話し合った内容をもとに、
 10年後の農業に向けたサミット宣言をする。

【5】交流会
-------------------------------

<参加費>

無料

<お申込み>
若者農業サミットA7実行委員会
https://www.facebook.com/events/1375920999145142/



*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。

posted by 農業界地図 at 00:00| Comment(0) | 時事ニュース

2017年02月02日

石川県の農業法人の取組を聞いてみよう!(2/25開催)

*いしかわ農業総合支援機構さんより、就農イベントのお知らせです*

170225_8.jpg

【石川県の農業法人を知るチャンスです!!】
農業法人で働くことの魅力を感じてもらうため、経営者等が取組みを紹介する移住セミナー「石川県の農業法人の取組を聞いてみよう!」(石川県農業法人説明会)を開催します。
農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

1 開催日時  平成29年2月25日(土)13:30〜16:30
2 開催場所  パソナ東京本社(東京都千代田区大手町2-6-4)

3 参加農業法人

(1) 農事組合法人アグリスターオナガ (羽咋市:水稲、野菜)
平成18年に現在の代表への世代交代を機に法人化。有機質肥料による土作りにこだわり、極力農薬を使わない栽培を心がけ、主力のお米の他、メロンなどの野菜を生産している。生産物は個人客や旅館、レストラン、スーパー等に出荷し、積極的に販路開拓を試みている。自らが「楽しんで」「まじめに」育てた「健全な」生産物を提供することを大切にしている。
170225_1.jpg
170225_2.jpg

(2) アジア農業株式会社 (能登町:米、麦、大豆、蕎麦、野菜等)
日本最大規模で有機栽培に取り組む金沢農業(代表:井村辰二郎氏)が、耕作放棄地を再生するため平成21年に設立した農業法人。生産した有機農産物は、グループ会社の株式会社金沢大地で加工し、ネットや直営店等で販売。食育支援を目的としたコミュニティ活動も積極的に展開。千年後も豊かな農地を残す責任感に共感できる仲間を求めている。
170225_3.jpg
170225_4.jpg

(3) 有限会社北海道ワイン能登ヴィンヤード (穴水町:果樹(ワイン用ブドウ))
平成12年に創業し、穴水町内と北海道のワイン工場に出荷するための醸造用ブドウを専業的に生産している。ブドウ栽培に適した穴水町の丘陵地にて、年間を通じて2万本近くのブドウの木を管理・栽培している。農業にチャレンジしてみたいと考えている仲間を求めている。
170225_5.jpg
170225_6.jpg

4 応募締切  平成29年2月22日(水)
5 募集定員  25名程度
6 応募資格  概ね40歳未満、農業経験不問

7 申込方法
下記の参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。表示できない方は直接お電話ください。
説明会チラシおよび申込書(PDF)
●または、第一次産業ネットの申込フォームによりお申し込み下さい。

8 お問合せ・お申込み先
 (公財)いしかわ農業総合支援機構 担当:小林(こばやし)、小森(こもり)
  TEL:076-225-7621 FAX:076-225-7622 E-mail:info@inz.or.jp

【参考】
以下は昨年10月29日(土)に開催された第1回目の説明会の様子です。
お米や野菜、加工品など、農家渾身の逸品を試食しながらお話を伺いました。
170225_7.jpg
(参加者の声)
・農業法人の方の生の声を聞くことが出来て良かった。(25才女性)
・就農に向けての方向性を考える大変良い機会になりました。(40才男性)

また、以下にて、そのほかの石川県の農業法人を紹介しています。ご参考ください。
「石川県内の農業経営体紹介」(YouTubeサイト)



*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。


posted by 農業界地図 at 18:00| Comment(0) | 時事ニュース

2016年12月02日

【賞金あり】大地の力コンペ募集中!(12/15締切り)

*女性未来農業創造研究会さんより「大地の力コンペ」のお知らせです*
161215_大地の力コンペ.jpg

       〈《楽しくなくちゃ農業じゃない!》〉
          農業その魅力を再発見
────────────────────────
◆ 大地の力コンペとは?
────────────────────────
課題多き農業ではありますが、これまでも、そしてこれからも非常に重要であり、大きなパワーと魅力を持った産業であります。その力は現代社会を悩ませる問題を解きほどくことができるかもしれません。そのような、農業の力やそのフィールドを通してさまざまな社会課題の解決を目指す動きを「アグリ+(アグリプラス)」と名付けました。

大地の力コンペは「アグリ+アイデア」を表彰するとともに、未来に向かって大きくはばたくお手伝いをすることを目的とします。

また、未来農業の中心となる若者・女性が活躍できる事業やアイデアにスポットをあてるとともに、異分野からの知恵も取り上げながら農業の裾野を広げることを目指します。

────────────────────────
◆ 大地の力コンペテーマ
────────────────────────
◎第1回のコンペテーマ
 【農業+食と健康】 
   「農業って楽しい!」
    そんな気持ちになれるアイデアを募集しています。

大丸1 募集分野
・「食・健康」をキーワードに、
    女性や若者が活躍する場を提供する事業
・「食・健康」をキーワードに、
    女性の長所・特質をうまく活用した事例
・食をとおした健康の維持・増進
・「食・健康」をキーワードに、
    地域に根差した食関連産業への理解と支援
・「食・健康」をキーワードに、
    環境の保全・食文化の継承
・食育推進に資すると認められるアイデア
・「食・健康」をキーワードに、
    異分野から農業への新しいアプローチ

────────────────────────
◆ コンペにあたるスケジュール
────────────────────────
大丸1 応募期間
2016年9月15日〜2016年12月15日

大丸1 今後のスケジュール
 ウェブにて応募登録(ID発行)・エントリーシートの提出
    ――2016年9月15日〜2016年12月15日――
 提出書類締め切り
    ――2016年12月15日(消印有効)――
 一次審査(書類審査) 
    ――2016年12月16日〜2016年12月末――
 二次審査(インタビュー・実地審査他)
    ――2017年1月1日〜2017年1月末――
 二次審査発表
    ――2017年2月7日――
 ファイナルプレゼン・最終審査
    ――2017年3月7日(火)(於:東京大学安田講堂)

────────────────────────
◆ 受賞特典
────────────────────────
大丸1 受賞賞金
 ―社会人枠―
  グランプリ  100万円
  準グランプリ 50万円
  奨励賞    20万円
  輝く農業賞  20万円

 ―学生枠―
  グランプリ  50万円
  準グランプリ 30万円
  奨励賞    10万円
  未来の農業賞 10万円
 
 大丸1 副賞
  受賞者および将来性のみられるアイデアには副賞として
  以下の内容が授与されることがあります。
  
   ・企業とのマッチング
   ・アントレプレナー、インキュベーターなどとのマッチング
   ・実現化に向けてのコンサルティングなど
  
  ※審査結果により、受賞者数や特典内容を変更する場合が
   あります。また、特別賞を設ける場合があります。
  ※最終審査を通過したチームにはいずれかの特典を
   授与しますが、表彰式にて行っていただくファイナル
   プレゼンテーションを加味して最終的な賞が決まります。
  ※最終審査通過の特典として、3月7日の表彰式参加への
   交通費及び宿泊費の支給(最大4万円 x 2名分)があります。
   支給の方法及び金額については通過チームとご相談にて決定
   いたします。

────────────────────────
◆ 詳細の確認、応募方法について
────────────────────────
大丸1 応募の詳細等については、下記サイトよりご確認ください。

 「大地の力コンペ募集中!」
  https://daichi-no-chikara.awable.org/

────────────────────────
◆ お問い合わせ
────────────────────────
女性未来農業創造研究会
〒1010-0047 東京都千代田区内神田1-7-4晃栄ビル7F
Tel:03-5577-4114 FAX: 03-5280-2335
Web: http://www.awable.org/





*イベントに関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。


posted by 農業界地図 at 15:56| Comment(0) | 時事ニュース