農業界地図ロゴ

2017年12月11日

チャレンジ・ザ 農業体験・研修

日本農業実践学園さんよりご案内です。
----------------------------------------------------------

171201_実践学園チャレンジ.jpg

農業に関心がある、農業を仕事にしたいけれども経験がない・・・
そういう方にお奨めするのが、「チャレンジ・ザ・農業体験・研修」です。

茨城県水戸市にある日本農業実践学園は、農家と同じ経営規模の農場を運営しながら実践的教育を行っている専修学校です。「チャレンジ・ザ・農業体験・研修」では、日本農業実践学園の学生と一緒になって、農場での実習を体験します。

【期間】 1週間 (原則5日間)。3日間も可。
【時期】 年間とおして、原則月曜日。月曜日が祝日の場合は、火曜日(3日間の場合も同じ)
【場所】 日本農業実践学園 (住所:茨城県水戸市内原町1496)

【内容】
 研修内容は以下の7つになります。
 @稲作 10haの水田での水稲の栽培
 A野菜 約7haの圃場をつかった各種野菜の栽培
 B有機農業 各種野菜や稲の有機栽培、平飼い養鶏、堆肥づくりなど
 C水耕栽培 みつば、レタス、水菜など葉菜類の栽培。JGAP認証圃場
 D畜産 乳牛・肉牛の飼育管理、養豚
 E農産加工 季節の農産物の加工(漬物、ジャム、豆腐、味噌等)、パン・菓子類の製造 

<コース選択方法>
@稲作 A野菜 B有機野菜 C水耕栽培 D畜産 E農産加工 の6部門から、2部門まで選択可(3日間の場合は1部門まで)
 
【対象者】
 基礎的な農作業体験を望む農作業未体験の概ね65歳以下の健康な方

【参加経費】
 (食費・宿泊費・研修費・保険料含む) 25,000円/3日の場合は14,000円
 ※高校生・大学生の場合、3日間の体験は無料です

【持ち物】
 作業着、洗面具、雨合羽、長靴(貸し出しあり)、軍手、健康保険証
 *農産加工の場合はエプロン・三角巾(もしくはバンダナ)

【備考】
 ・お盆、年末年始、学校の行事等で受け入れられない週があります。
 ・食事は1日3食あります(土・日祝日を除く)
 ・宿舎には布団・洗濯機があります

【定員】
 20人(有機野菜コースは先着5人まで)

【締め切り】
 研修開始の1週間前までにお申し込み下さい。

-----------------------------------------------------------------
【お申込み】
-----------------------------------------------------------------
●全国新規就農相談センター(全国農業会議所内)
 〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル2F 全国農業会議所
 TEL: 03-6910-1126  FAX: 03-3261-5131
 E-mail: guide@nca.or.jp
 URL: http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

※日本農業実践学園にご連絡頂いても対応可能です。
 電話: 029-259-2002
 mail: nichinou@atlas.plala.or.jp
 URL: http://www.nnjg04.com/taiken/tanki.html

<日本農業実践学園>
171201_実践学園.jpg





*上記に関するお問合せは、主催者様へ直接ご連絡くださいませ。
posted by 農業界地図 at 11:32| Comment(0) | 時事ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: